« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月に作成された記事

祝STID公開・模型組立

130823plamo052013年8月23日になった。
ついに、「スタートレック・イントゥ・ダークネス」封切りの日がやってきた。
当日になったので、103日前から設置しといたカウントダウン・タイマー記事は「公開中」になった。

当日には、なったものの。
わたし自身はスペシャル・プレビューで一度見ていて、あせって観にいく必要はないく。公開中に、もっぺん観にいこう…くらいのきもち。

この記事では。(勝手に)STID公開を祝って、かつ、ヒットを願いつつ。模型をひとつ、組み立てることにする。

続きを読む "祝STID公開・模型組立"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間ドック2

130820hospitalきょう(8/20)は、人間ドックにいってきたー。
4年前の記事いらい、年に一回は人間ドックにいってたのだ。

朝8時半前に、病院の受付に。すでに数人待ってる。
番号札とって待ってると、呼ばれて受付。書類と保険証と検便を提出。
検査着に着替えて、まずは身長と体重。視力検査と検尿。

続きを読む "人間ドック2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ST映画11本、ベスト~ワースト

130817bestworst海外のいくつかのサイトで、春の「~イントゥ・ダークネス」公開直前に、〈スタートレック映画11本のベストtoワースト〉を決める記事があった。

「~イントゥ・ダークネス」日本公開(8/23)まであと数日を残すのみのいま。本ブログでもそれをまねて、11位~1位をあげてみようとおもう。
ここではSF性に重点を置いているので、世間一般での評価とはかなりちがう。
(各項目のリンクは本ブログのおのおのの記事へ飛ぶ)

まずは、11位 スター・トレック11(2009)
いわずとしれた、J.J.エイブラムス版の第一作。
宇宙大作戦の前日譚…のかたちだけど。中身は別物だし表面的にも違和感の塊。いいとこがほとんどない。
世間一般には、大ヒット作であり絶賛されてるけど。ここでは、ダントツの最下位。

続きを読む "ST映画11本、ベスト~ワースト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙大作戦[15]宇宙の帝王

130816_tos_spaceseedスタートレックの初期のTVシリーズ「宇宙大作戦」第一シーズンの「宇宙の帝王(STAR TREK: SPACE SEED)を、観た。
スタートレックを代表する悪役カーンの初出演作。
脚本は、ジーン・L・クーン&キャリー・ウィルバー。

オリジナルでは、第22話、1967年2月16日初放送(46年前)。日本語版では第15話、1969年8月10日初放送(44年前)。
今回は、2003年3月にCS放送からDVD-RAMに録画しといたぶんを、観なおした。本作を含む宇宙大作戦は、ブルーレイと廉価版DVDが出ていて、huluでも見られる。

●あらすじ

【5年間の調査飛行】(Five-year mission)中の、カーク船長率いる〈エンタープライズ〉は、地球の古い宇宙船〈ボタニー・ベイ〉に遭遇。

続きを読む "宇宙大作戦[15]宇宙の帝王"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スタートレック11(小説)

090624st_bookスタートレック11の小説の、あたらめての記事。
書名としては、単に「スター・トレック」。映画同様、まぎらわしい書名。
(写真は、4年前の記事のを再使用)

アラン・ディーン・フォスター著、増田まもる+尾之上浩司+北原尚彦訳、角川文庫。

4年前にでてすぐ購入、一度読んで。つい先日、再読してる。

続きを読む "スタートレック11(小説)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック11(3)

スタートレック11のあたらめての記事、その3。

4年前の公開直前の記事「スタートレック11前日」では、いくつかの気になる点を提示していた。

その後ほったらかしにしてたけれど。この機会に、回答を入れてみる。
→映画では、このようになっていた。

・過去の作品との整合性
→いちおう、橋渡し的な人物はひとり登場する。
それ以外は、基本的に別世界の話で、関連はないといっていい。
(時間軸に関する会話シーンが、あるにはある)

続きを読む "スタートレック11(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック11(2)

スタートレック11のあたらめての記事、その2。感想など。

劇場版のスタートレックシリーズは、どれも第一印象はそんなによくない。とりわけ本作の場合は、おもしろいと思える要素がひじょうに少ない。

●スタートレックと題してつくられたスターウォーズ

本作は、表面的にはスタートレックと題しているし、主役の名前もカークやスポックだし、効果音も宇宙大作戦のもの。

でも、その中身は、実はスターウォーズのつもりでつくられた。…ように見える。というより、そうとしか見えない。

そのくらい、本作とスターウォーズには、やたらと共通点/類似性がある。

続きを読む "スタートレック11(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック11(1)

130811st11今回は、スタートレック映画の11番目を紹介。JJエイブラムス版の第一作。
正式タイトルとしては、単に「スター・トレック」(Star Trek)なのだけど。ほかとまぎらわしいことはなはだしい。
本ブログでは「スタートレック11」と呼称してる。
一般には、「スター・トレック(2009)」とも呼ばれる。

4年前の公開当時にもいくつかの記事にはしているけれど。そんときは公開中ってこともあって、ネタバレは極力さけていた。
4年もたってるので、あたらめて記事にしなおす。
これは、その1。あらすじ

●序盤

クリンゴン帝国にほど近い空域。
宇宙艦隊の船〈ケルヴィン〉は、謎の巨大宇宙船の攻撃を受けた。

続きを読む "スタートレック11(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローン・レンジャー

130810_loneranger映画を見にいってきた。西部劇「ローン・レンジャー」。
家族で楽しめるディズニー映画。

○あらすじ

1869年、アメリカ西部。
都会で法律の勉強をした検事ジョン、列車で帰郷。
レンジャー隊の兄は悪党に殺され、ジョン自身も倒れる。
少年のころ悪に一族を殺された原住民のトントは、白人の相棒をさがしていて。
生き返ったジョンを相棒にして、マスクをつけさせる。ローンレンジャー誕生。

続きを読む "ローン・レンジャー"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

イオンモール春日部

先日、新しいショッピングモールにいってきた。

●イオンモール春日部

130809aeon1130809aeon2場所は、国道新4号と国道16号の交差点のそば。
春日部駅からバスでいける。

オープンしてまだ半年。新しくてぴかぴかのショッピングモール。
中は、専門店街、フードコート、レストラン街、それにスーパー(イオン)。
この日のお昼は、フードコートで石焼きビビンバ食べた。

(公式サイト→イオンモール春日部公式ホームページ

続きを読む "イオンモール春日部"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケースファン交換その後

130808fan1自作PCのケースファンを交換した話の続き。

見当たらなかったコードを、別に購入してきた。
ついでに、ダストフィルターも。

帰路、ハタと気がついた。
例のコードが見当たらなかった…のは、いろいろ収納した「ケースの外箱」の中に、見当たらなかったってこと。
ケースファン設置は、光学ドライブ設置と同時に作業した。
だったら。ひょっとしたら、コードは「光学ドライブの外箱」の中かも。

帰宅して、確認すると。ほんとに、そこにコードはあった(^_^;)。
ないないと思ってたのが買うと出てくる…ってこと、たまにある。

続きを読む "ケースファン交換その後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック・サミット

130806summit映画「スター・トレック」シリーズのブルーレイ10作セットには、10枚の映画本編ディスク(おのおのの特典を含む)のほかに、特典ディスク2枚がついている。

一枚は、スタートレック・サミット。もう一枚は、エボリューションズ。

●スター・トレック・サミット
(原題は STAR TREK: CAPTIANS' SUMMIT。「船長たちの首脳会談」)

テレビのトーク番組みたいな内容。出演者は以下の5人。

続きを読む "スタートレック・サミット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック・ネメシス(小説)

130803st10_3小説「宇宙大作戦ネメシスS.T.X
J・M・ディラード著、斎藤伯好(はくこう)訳、早川文庫
…を、読みかえした。映画「スタートレック・ネメシス」のノベライズ。

●本の構成

カラー口絵が、8ページもある(ふつうは4ページ)。スチル写真満載。

巻頭には、著者による謝辞が4ページ。
脚本家ジョン・ローガンによる「はじめに」が22ページ。

そして、本文(小説)。
プロローグと1~11章。305ページ。

続きを読む "スタートレック・ネメシス(小説)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック・ネメシス(3)

130803st10_2「スター・トレック/ネメシス」の記事、みっつめ。感想など。
(写真は、食玩「スタートレック・フィギュア2」のシークレット、エンタープライズE)

●初見のあとの感想

(例によって)第一印象は、それほどいいものじゃなかった。

本作最大の話題は、変化。とりわけ、データの最期…だけれど。
あのクライマックス(超巨大なシステムをハンドフェイザーの一射で完全破壊)は絵的に説得力不足におもえた。
それに、彼なら復活しそうだし(後述)。

全体的に、先がない暗さがあった。

続きを読む "スタートレック・ネメシス(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック・ネメシス(2)

130803st10_1「スター・トレック/ネメシス」の記事、ふたつめ。映画のあらすじ。
(写真は、本作に登場する宇宙船〈エンタープライズE〉のプラモデル。2003年11月13日購入。未組み立て)

●序盤

○ロミュラン帝国の政変
ロミュラン帝国は、星系第2惑星のロミュラスと第3惑星レムスからなる。ロミュラン人は支配種族で、レムス人は奴隷種族だった。
レムス人のシンゾンは、ロミュランの元老院全員を暗殺。帝国の最高権力の座についた。
かれは、禁断の兵器を持っている。

○地球、アラスカ
宇宙船〈エンタープライズ〉のライカー副長と、カウンセラー・トロイの結婚式。かつての仲間たちが、つかのまの再開。

続きを読む "スタートレック・ネメシス(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートレック・ネメシス(1)

130801st10スター・トレック/ネメシス(STAR TREK NEMESIS)の記事、その1。公開当時の状況など。

本作は、スタートレック映画の10番目。
かつ、TNG(新スタートレック)のテレビシリーズと「ジェネレーションズ」からはじまるTNG映画4本の、完結編。

映画公開時は、映画会社が弱気だったためか「ネメシス S.T.X」と題し、スタートレックなのは表にでないように宣伝された。

130801st10_3●スタートレックが輝いていた2003年

本作の日本公開は、前作から4年後の2003年。今からほぼ10年前…。

続きを読む "スタートレック・ネメシス(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ勝敗グラフ7月

ツイッターでやってる勝敗グラフ。6月に続き、7月まとめ。

Graph07

続きを読む "セリーグ勝敗グラフ7月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »