« 圏央道・境IC周辺 | トップページ | ヴォイジャー[5]盗まれた臓器 »

STIDデジタルコピー

140129stid_digitalcopy1先日購入した「スタートレック・イントゥダークネス」のブルーレイには、デジタルコピーがついてる。
PC用の動画ファイルと、ポータブル機用の動画ファイルを、ダウンロード&再生できるというもの(前者がDVD相当、後者がワンセグ相当の画質)
ブルーレイのパッケージの中に案内の紙があって(写真)、それにURLと認証コードが書かれてる。

せっかくついてるんだから、試してみることにした。

(1)PC

まずはPC(自作PC、ウィンドウズ8.1機)で。
URLを入力、サイトにアクセス。
タイトル一覧から、「スタートレック・イントゥダークネス」を選択。
つぎに、メディアの種類を選ぶ。といっても、選択肢はウィンドウズ・メディアのひとつだけ。
続いて、認証コードの入力画面。

そのあとは、デジタルコピー・ダウンロードマネジャーっていうのを、ダウンロード&インストール。

とちゅう、ウィンドウズ・メディアテクノロジーとかで、セキュリティコンポーネントのアッグプレードをうながされた。[アップグレード]するる。

デジタルコピー・ダウンロードマネジャーはすぐにインストールでき、つづいて映画本編のダウンロードが開始された。

~1時間10分ほど経過~

ファイル「StarTrekIntoDarkness_PC_JPN.wmv」を、ダウンできた。
場所は、Cドライブ¥ユーザー¥パブリック¥パブリックのビデオ。
1.79GB。720×300、23fps。

これをダブルクリックすると、ストアアプリXboxビデオが起動した。
プレイできません。
このメディアファイルがメディアライブラリに追加されたことを確認してから、アプリのメディアライブラリからプレイしてください。

つぎに、ファイルを右クリック~アプリケーションから開く~ウィンドウズ・メディアプレイヤーを選択。

140129stid_digitalcopy2すると…再生された
ビデオコーデックは Windows Media Video 9。
オーディオは、Windows Media Audio 9.2 128 kbps, 48 kHz, stereo 2-pass CBR。

解像度のわりには、ずいぶんきれいに見える。
音声は吹き替え。2chステレオ。字幕なし。
特典のたぐいはないもよう。

指定したPC一台でしか使えない、原語で聞けない、字幕を出せない…とデメリットもあるのだけど。
HDCPに対応してない古い液晶でも表示できたり、スクリーンショットがとれたり。ブルーレイにないメリットもある。

続いて、ポータブル用ファイル「StarTrekIntoDarkness_PORT_JPN.wmv」も、ダウンできた。
590MB。320×136。23fps。

ためしにこちらをメディアプレーヤにわたすと、ちっちゃい動画が再生された。
やはり音声は吹き替え、ステレオ。字幕なし。

(2)ディグノ

こんどは、このポータブル用デジタルコピーをポータブル機に転送する。
ボータブル機は、ディグノ・デュアル 。京セラ製のスマートフォン、WX04K。OSはアンドロイド2.3。

PCとディグノを、USBでつなぐ。ディグノがUSB接続モードになる。
PCのファイルエクスプローラで、ポータブル用ファイルを、USB記憶装置として認識されてるディグノ(に差してあるSDカード)に、コピー。
終わって、コードを抜く。
ディグノのファイル管理で、転送したファイルを確認。
それをタップすると…
△警告! このファイルは再生できません 〔OK〕」
…だって。
なにかの再生アプリに渡せばできるのかとおもったけど、そうでもないらしい。

「パラマウントジャパンDVD/ブルーレイテクニカルカスタマーサービス」に電話で聞いてみた。
そしたら、対応端末は「ウィンドウズビスタ互換」で、PCからは「メディアプレーヤ」で転送でき、端末の「メディアプレーヤ」で再生できるず…だって。
もちろん、ディグノは対象外。したがって、再生できるわけがない。以上、終了。

それにしても。
「ウィンドウズ・ビスタ互換」で「メディアプレーヤ」装備のポータブル機なんていうものが、はたして存在するんだろうか…?

(3)ゼロスリー

…その後しばらくたってから、ハタと気がついた。
スマホとは別に、ウィルコム03(ゼロスリー)って端末をわたしは持ってる。
シャープ製のウィルコム端末。型番はWS020SH。OSはウィンドウズ・モバイルの6.1クラシック。
当初はスマートフォンとして使ってたけれど、内蔵してたPHSカードを解約しちゃったので、いまではただのPDA。
キーボード内蔵の入力機として、あるいは音楽プレーヤとして持ち歩いてる。

ウィンドウズビスタをわたしは使ったことないし、ゼロスリーがそれ互換かもわからない。
けど、ビスタとゼロスリーはほぼ同時期の発売じゃなかったかな。
ゼロスリーにはウィンドウズメディアプレーヤも入ってる。
これになら、入るって可能性はあるんだろうか?

とはいっても。ゼロスリーは6年も前の端末。最新のDRMに対応してるとはとうてい思えない。
でもまぁ、ダメ元で試してみることにした。

PCとゼロスリーをUSBで接続。
PCのメディアプレーヤで、例のファイルをゼロスリー(に差してあるSDカード)へ「同期」。
おわって、コードをぬいて。
ゼロスリーのウィンドウズメディアで、ライブラリ~マイビデオ~すべてのビデオ~と選ぶと、例のファイルがあった。
タップすると…なんと、再生できた~☆

140129stid_digitalcopy3なぜか、「全画面表示」を選んでも、ワイド画面いっぱいにならない。
バックライトを明るめにするとバッテリーが心配。
ってのは、あるけれど。
6年も前のゼロスリーで、最新の映画「スタートレック・イントゥダークネス」を観られる…ていうのは、ちょっと、不思議な感覚。

あとからサイトの「よくある質問」をみると、ポータブルプレイヤーには「PlaysForSure対応機器」である必要があったらしい。
ゼロスリーがそんなのに対応してたなんて、知らなかった~。

|

« 圏央道・境IC周辺 | トップページ | ヴォイジャー[5]盗まれた臓器 »

スタートレック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STIDデジタルコピー:

« 圏央道・境IC周辺 | トップページ | ヴォイジャー[5]盗まれた臓器 »