« 視野異常?~検査~結果 | トップページ | 野田市一周サイクリング »

ウィルコム03充電池

このブログでもたびたび登場している、WS020SH「ウィルコム03(以下「ゼロスリー」)
5年半前にPHSスマホとして購入()、その後PHSカードを解約()。以降はテキスト入力機。兼、音楽プレーヤ()として運用。ときには、ビデオプレーヤにもなる()。

そんなゼロスリーの内蔵充電池が、ここのことろヘタってきていた。

フル充電しても、テキスト入力で数10行かくともう電池がもたない。
音楽プレーヤとしても、せいぜい2曲ていど。無線(ブルートゥース)を使うと1曲ももたない。

メインの携帯電話として使ってるスマホ、ディグノ・デュアル()も音楽プレーヤにはなる。
けれど、テキスト入力機としてはあんまり使う気になれない。
ディグノを横画面にしてソフトウェアキーボードを出すと、編集画面が極端にせまくなる。
さらに、標準の「メモ帳」だと、テキストファイルが扱えない。書き出しだけはできなくもないけど、読み込みができない。
(アンドロイドってOSは、ファイルの読み書きの概念がMSDOS/ウィンドウズ系OSより弱いんだろうか?)

Iota

ディグノに「Jota+(イオタ・プラス)」ってテキストエディタを、インストールしてみた。
結果は…さらにせまくなった。
画面上下にシステムバー/コマンドバーがあるため、ソフトキーボードに変換候補まで入れると、編集画面が1行もないことに。
エディタとしては高性能そうだけど。このマシン環境には、適さないみたい。

なお。ディグノは(ブルートゥースの)外付けキーボードには非対応。
キングジムのテキスト入力専用機「ポメラ」はいくらなんでも(わたし的に)高すぎて買う気になれないし…。

141207battery …なので、やはりゼロスリーの内蔵充電池の買い換えを検討してみた。
なにぶん古い機種だもんで、ほとんど売ってない。
あちこちさがすと、「モバイルプラザ」ってお店にありそう。
楽天にある。秋葉原にはリアル店舗があるもよう。

数日前。仕事がえりに、秋葉原のお店に出向いてみた。
ゼロスリーの充電池…というと、店員さんに3種類を提示していただいた。
大きいの。標準サイズ。標準+充電器のセット。
うち、大きいのを選んだ場合は充電台に置くことができなくなりそう。
ほんとは、充電器とのセットがほしかったのだけど。ふところ具合とのかねあいで、標準サイズの単品を選んだ。
本体4528円+税362で、4890円。

141207battery2 MUGEN POWER の、HLI-BL16SL
帰宅して、ゼロスリーの標準内蔵充電池と交換。
一晩充電して満杯にして、電源を入れる…ふつうに起動した。
こんどは、いっこうに電池が減らないや。

…と、いうわけで。
ゼロスリー、めでたく復活~☆

|

« 視野異常?~検査~結果 | トップページ | 野田市一周サイクリング »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィルコム03充電池:

« 視野異常?~検査~結果 | トップページ | 野田市一周サイクリング »